宮崎仁志建築設計事務所【京都 建築家】

私に設計を、という奇特な方達のために、個人住宅の設計・監理を行っています。
京都を拠点にしておりますが、遠方でも厭いません。

コンセプト

私は『シンプルであること』『中庭をもつこと』をコンセプトに設計をしています。

『シンプルであること』
単純、簡単なという意味ではありません。
シンプルに生活を送りたい人のために、器を<シンプル>に造るという提案です。
住宅を構成するパーツや素材の種類をできるだけ少なくし、
部屋どおしの繋がりもわかりやすく、全体を見通せる場所を作ります。

『中庭をもつこと』
廻りの環境や視線から切り離された中庭を作り、それに対して大きな開口部を設けることで、
プライバシーと採光を両立させます。
そうしてつくられた中庭は、室内の延長としての使い方も期待できます。
それはコートハウスという考え方です。

業務の内容

木造、鉄筋コンクリート造等の住宅およびその他の建築設計・監理
 ・お引き受けする対象 新築、増築、リフォームなどご相談によります
 ・お引き受けする地域 日帰りができる範囲、遠方の場合別途交通費が必要となります
 ・お引き受けする条件 特にありませんが、過去の作品を気に入っていただける方
 ・お引き受けする予算 特に下限、上限はありません

設計の進め方

◯ご相談  ・メールまたは電話でご相談内容、ご質問をお聞かせいただきます。納得がいくまで何度ご連絡いただいてかまいません。
      ・話を進めるご意思があれば、ご来所いただくか、お伺いさせていただきます。
      ・相性や好き嫌いもありますので、どの段階でお断りいただいても結構です。
      ・実際に設計を依頼いただくまで費用はかかりませんが、遠方にお伺いする場合は交通費をお願いする場合があります。

◯基本設計 ・申込金50,000円をお支払いいただき、基本設計の依頼をしていただきます。     
      ・家を計画にするにあたり、与条件やご要望を調査書とヒアリングで確認し、関係諸官庁の法規制を調査いたします。
      ・最適と思われる計画案を、図面・模型・パースによりプレゼンテーションいたします。
      ・プレゼンテーション内容をご検討いただき、さらにご希望に沿えるよう何度も調整を行ないます。
       その上で、正式に依頼するかを選択していただきます。但し、ご辞退の場合でも、申込金は返金できません。     
      ・依頼をご辞退された場合、プレゼンテーションの基本設計案は、設計者に著作権が属しますので2次使用はできません。

◯設計契約 ・プレゼンテーションの設計案にご同意いただき、引き続き設計を依頼される場合は、設計契約を交わします。     
      ・住宅の場合、工事金額に規定の料率を乗じて設計設計監理報酬とします。但し、基本設計の申込金を含みます。     
      ・設計監理報酬の支払時期は、契約時に30%、実施設計完了時に40%、引渡し時に申込金を差し引いた残額とします。 

◯実施設計 ・計画が決定すると、工事や見積のための詳細な実施設計を行ないます。     
      ・実施設計途中も、確認や打合せを行ないながら進めます。 
      ・工事を着工するまでに、行政に確認申請手続きを行ない、 許可を取ります。

◯工事監理 ・実施設計のとおりに工事が進められているかを、週に1回程度現場に足を運び、重点監理を行ないます。     
      ・工務店からの質疑の回答、施工図のチェック、必要図面の作成、設計変更の対応なども工事監理に含まれます。     
      ・竣工時に、施主・工務店と共に完了検査を行ない、手直し後、最終チェックと機器の取扱い説明を行ないます。
       そして建物は施主へと引き渡されます。